絵ーたんご

絵について話したり話さなかったりします

だれでも絵がちょっと上手くなる方法4

 

お疲れ様です。

 

今日は絵の上達法その4になります

過去どんなことを記事にしたか、あんまり覚えていません

 

多分毎日描いて、覚えてちゃえばいい

みたいなことを言ってると思います。

それ以外に私は上達法をしらないので。

今回も似たような記事になります。

 

ekakitan.hatenablog.com

 

 

絵で報酬を得たいわけじゃないけど、少しだけ絵を上達させたい

そう思う方がいらっしゃいます

 

「ブログにもう少しイラストがあると、華やかになるのになぁ」

みたいな感じのブロガーさん

 

お子さんにアニメキャラを描いてほしいといわれて、描いたものが

「〇〇の、ような物」だったお父さんお母さん。

 

上記みたいな方々は

自分の画力自体を上達させたいわけではなく

ある程度形になっているもの、既存のものに寄せた絵が描ければよい

というのが近いのではないでしょうか。

 

こういった方に、やれ練習法だなんだと説明するのは、おせっかいです。

求めていないものを無理やり押し付けるのはよくありませんね。

ようは似た絵が描けるようになりたいわけです。

 

こういった、「寄せる絵」で非常に効果的なのは、模写になります。

模写も難しい場合はいっそトレースしてしまえばいいですね

 

説明していきます。あまり難しくはいいません

 

模写というのは、見ながら描くということ。

ブログにリンゴの絵が欲しいなら、リンゴを買ってきて、見ながら描く

お子さんが描いてほしいといったキャラをスマホで調べて、それを見ながら描く

 

これが模写ですね。

絵を描いたことのある方であれば、なんとなくわかるのではないでしょうか。

 

ただ、基本的に見たものをそのまま絵に出来るのであれば、苦労しません。

どうしたって元の絵との差異が生まれます。

この差は描いてきた経験値によって出方が違うものですので

普段まったく絵なんて描かないお父さんが、いきなり「描いて描いてー」と言われても、そっくりに描けるようなものではないんですが・・・

 

ただそれでも「見て描いている」アドバンテージはものすごいです。

こうすればまず間違いなく、そのキャラであると認識されるでしょう。

自分の脳を過信しすぎてはいけません。ちゃんとみることです

 

模写が難しいのであればトレースをしてしまいましょう。

描きたい画像をプリントアウトし、上に紙を乗せます。

下から光を当てると透けるので、これをなぞっていきます。これがトレースですね。

机の下から光なんて当たらないよ、なんて方はトレース台が必要ですね。

 

デジタル派の方はコピペして不透明度を下げる。

上に新規レイヤーを重ねて、上からなぞる。

最後に下のコピペしたレイヤーを非表示にして、おしまい!

 

こうです

 

なんかずるい・・・なんて思う方がいらっしゃるかもしれませんが

模写、トレースってのはちゃんとした画法です。別に悪いことじゃありません。

 

「漫画家さんが動きのトレースをしていた!ずるい!!」

みたいにおっしゃる方もいらっしゃいますが

その動きを自分の絵として昇華させているのであればいいと思います。

 

いけないのはまんまトレースすること。商業でそれはよくないですね。

 

みなさんは別に商業クリエーターなわけではないですし

堂々と模写してしまって構わないですね

SNSで描きました!といってどや顔をしてもいいと思います。

 

ただ、模写を自分の描いたものだと偽るのは、100%バレるのでおススメしません。

 

模写したのなら、模写して描きましたと宣言した方が波風立たないですね。

 

さて

この模写、トレースですが、練習法としても進める方が多いです

 

模写に関しては効果はあるはずですね。見て、描いているので

 

トレースはそのままなぞるだけで、記憶する脳をあまり動かしていないので

効果は薄いんじゃないかなと。全くないわけじゃ無いとは思いますが・・・

 

若くて吸収の良い10代前半の脳ならいざ知らず、

30を過ぎてトレースだけで絵を上達させる、というのはかなり厳しいかと思いますね。

 

私は30過ぎだけど、トレースをし続けてここまで上手くなったぞ!

みたいな方がいらっしゃいましたらお伝えください。

 

上達したい方でトレースだけを毎日するんだ、って方。

本当にお勧めしません。

しても、ラフだけ。物体の形をトレースするだけに留めておきましょう

形をトレースして、あとは描き込まない。そこで、覚えて終わりにする。これです

 

トレースで最後まで描くのはNGです

下描きがないと描けない癖がつきます

いざ自分で描いた絵があまりに未熟で、辞めてしまう原因にもなりかねません

 

 

はぃ。今日はここまでです

 

イラスト屋をやってるなんていっちゃうと

親戚の集まりなんかで、「アニメのキャラ描いてー」なんて

言われることがあるんですが・・・正直、資料無しの戦いは怖いですね。

一度も描いたことのないキャラなんかだと、なお厳しい。

そうゆう時は酔っぱらったふりをして、「〇〇っぽい絵」を描いて撤退する

これが一番です。

 

今日はここまでですね。